キッチンを中心に家族の和が広がる家

神奈川県厚木市

T様邸のロケーションは、40数区画ほどの規模で新たに開発された分譲地のため、多くの家々が新築という新しい街並が広がるエリア。その中でも大きな勾配屋根、白を基調とした中に木をイメージしたサイディングでアクセントを付けたT様邸の外観は、洗練された雰囲気と確かな存在感を放っています。

トップライトから自然光が差し込む爽やかなリビング。キッチンとの境にはアーチのある入口を設け、オープンな雰囲気を大切にしながらも空間を分離しました。
作カウンターを設けた一角は、2連のトップライトやFIX窓により開放感にあふれた空間に。ご希望で薄緑色に仕上げた塗り壁は、調湿効果にも優れています。

光を導く3つのトップライト

プランについてのご希望は、「とにかく明るく、陽光が差し込むこと」。このご希望を満たすためには、開口部を出来る限り多く確保することが大切となりますが、建設地はまとまって開発された分譲地という特性上、家々が隣接しているなどの制約がありました。T様邸ではその問題をクリアするため、リビングとダイニングそれぞれに勾配天井を設け、そこに計3つのトップライトを配置。周辺の家々にも影響されにくい安定した採光を確保し、自然光が差し込む心地よいリビング・ダイニングを実現しました。

ご希望のライフスタイルとしては、家族のコミュニケーションを最優先に考えたいということから、リビングイン階段をご提案しました。またアイランドタイプのキッチンを中心に、リビングとダイニングを振り分けたセンターキッチンプランにより、奥さまはお料理、ご主人はリビング、お子さまはダイニングの造作カウンターで勉強というように、ご家族それぞれがLDKの別の場所にいても、自然とコミュニケーションが図れるような空間をご提案しました。

屋外空間は、リビングとダイニングの両方からアクセスできるウッドデッキを設置。リビングと掃き出し窓を通してつながっているため、充分な陽当たりが確保されている心地よいアウトドアスペースとして、ライフスタイルに合わせた使い方が可能となります。

陽光あふれるリビング・ダイニングを中心に家族の和が自然と育まれるこの住まいで、健やかな毎日をお過ごしください。